2016年4月17日日曜日

【VOA】ホーキンス、ザッカーバーグ、宇宙に生命を探す

Hawking, Zuckerberg to Search for Life in the Universe
 ホーキンス、ザッカーバーグ、宇宙に生命を探す

https://learningenglish.voanews.com/a/hawking-zuckerberg-help-launch-search-for-life-in-the-universe/3287925.html

April 17, 2016



It is one of the oldest questions ever asked: Are we alone or is there other life out in the Universe?

今まで問い続けられた最古の疑問が一つあります。それは、我々は孤独なのか?あるいは、他の生命が外の宇宙に存在するのか?です。

Last week, an international team of scientists and businessmen launched a project they hope can answer that question. They announced plans for a huge space exploration program. Its goal is to find alien life in space.

先週、ある国際チームの科学者とビジネスマンらが彼らの期待するその質問に答えられるプロジェクトを立ち上げました。彼らは巨大な宇宙探査プログラムの計画を発表しました。その目的は、宇宙に宇宙人の生活を見つけることです。

The team includes British physicist Stephen Hawking, Russian-born billionaire Yuri Milner and American Mark Zuckerberg, who founded Facebook.

そのチームには、イギリスの物理学者ステファンホーキング、ロシア生まれの億万長者ユリミルナー、そして、フェイスブックの創業者でアメリカ人のマークザッカーバーグが含まれています。

Their project is called Breakthrough Starshot. It will develop and build thousands of robotic vehicles that can speed through space.

彼らのプロジェクトは「Breakthrough Starshot」と呼ばれています。そのプロジェクトでは、宇宙を疾走することのできる何千ものロボティックビークル(遠隔またはロボット操縦、自動運転の乗り物)を開発、組み立てます。

Their first goal is to explore the nearest star system, Alpha Centauri. It is about 40 trillion kilometers — or 4.37 light years – away from Earth. Once launched a spacecraft would have to travel 20 years to get there.

最初の目標は、最も近い星系のアルファケンタウリを探査することです。そこは、40兆キロメートル、または、4.37光年地球から離れています。一度打ち上げられたら、宇宙船は20年旅行しなければならないでしょう。

The way they will make it happen is like something from a science fiction story. Crews on Earth would use powerful laser beams to power extremely small vehicles through space. These spacecraft would travel much farther than any other spacecraft built to date.

彼らがそれを起す方法は、何かSF物語のようなものです。地上のクルー達が、宇宙空間を通して強力なレーザービームを使い、極小さな乗り物にパワーを与えます。それらの宇宙船は、今までに組み立てられたどんな宇宙船よりもよりとても遠くへ旅行します。

Estimates say the project will cost from $5- to 10-billion.

試算によると、プロジェクトは、50億ドルから100億ドルのコストがかかると思われます。

Yuri Milner is giving the project $100 million to get started.

始めるにあたり、ユルミルナーはプロジェクトに1億ドルを投資しました。

Last week, Milner showed a model of the spacecraft to reporters in New York.

先週ニューヨークで、レポーターに向かってミルナーは宇宙船のモデルを見せました。

“This is a starchip, a gram-scale wafer containing cameras, photon thrusters, power supply and navigation and communication equipment.”

「これがスターチップです、1グラムほどのウエハーでカメラ、光スラスター、電源、ナビゲーションや通信装置を含んでいます。」

Investor Yuri Milner holds a Starchip, a microelectronic component spacecraft, during an announcement of the Breakthrough Starshot initiative with physicist Stephen Hawking in New York, April 12, 2016.
The starchip is a computer chip about the size of a large postage stamp. Each one will cost no more than an iPhone. The chip will have a light sail — very thin material that can open in space and move the spacecraft forward. Together the chip and the sail are called “nanocraft.”

スターチップはコンピュータチップで、およそ大きな切手のサイズです。それぞれ一つ一つは1台のiPhoneよりコストがかかりません。そのチップは光の帆を持っています、それは、とても薄い素材で、宇宙において開くことが出来、そして、宇宙船を前に進めることができます。そのチップと帆を合わせてナノクラフトを呼ばれています。

The team plans to launch a “mothership,” which would be put in Earth’s orbit. The mother ship would release thousands of the nanocraft. Their light sails would open and crews on Earth would fire laser beams on the light sails. That would push the nanocraft. They will travel at about 20 percent of light speed.

そのチームは、母船を打ち上げることを計画しており、それは地球軌道上に置かれます。その母船は何千ものナノクラフトを放出します。それらの光の帆が開き、地上のクルー達は、光の帆へレーザービームを発射します。それがナノクラフトを押すのです。それらは、光の速度の約20%で旅行します。

Today’s fastest spacecraft would take about 30,000 years to reach the Alpha Centauri system. But once this new nanocraft technology is ready, supporters say, it can shorten that time to just 20 years.

今日の最も速い宇宙船は、アルファケンタウリ星系に到達するのに約3万年かかります。しかし、ひとたび、この新しいナノクラフト技術が完成すれば、サポーターはいいます、その時間をたった20年に短縮することが可能ですと。

Stephen Hawking said the distance between Alpha Centauri and Earth can be crossed within a generation.

アルファケンタウリと地球のあいだの距離は、1世代以内で横断することができるとステファンホーキングは言います。

The British scientist speaks through a computerized voice:
“I believe what makes us unique is transcending our limits. Gravity pins us to the ground, but I just flew to America.”

イギリスの科学者はコンピュータの声を通して語りました。
「我々をユニークにしている何かが、我々の限界を超越させることを私は信じています。重力が我々を地面にピン止めするが、しかし、私はアメリカに飛んできたじゃないですか?」

Hawking added, “Today we commit to the next great leap in the cosmos, because we are human and our nature is to fly.”

「きょう、我々はお約束します、次の大きな飛躍を、宇宙において、なぜならば、我々は人間で、我々の性質(nature)は、飛ぶことですから。」とホーキングは付け加えました。

Other scientists have signed on for the project. Freeman Dyson is with the Princeton Institute for Advanced Study. He thinks scientists might find something interesting before the nanocraft reach Alpha Centauri.

他の科学者もプロジェクトに参加しています。フリーマンダイソンはプリンストン高等研究所に所属しています。科学者は、ナノクラフトがアルファケンタウリに到着する前に何か興味深いものを発見するかも知れないと彼は考えています。

"The space between here and Alpha Centauri is not empty, that it's not just a huge void which you have to cross in order to reach something interesting on the other side. On the contrary, there are thousands of objects in between.”

「こことアルファケンタウリの間の空間は空っぽではありません、それは、あなたが向こう側の何か興味深いものに到達する為に渡らなければならないだけの単なる巨大な無ではないのです。それどころか、何千もの物体がその間にはあるのです。」

Dyson believes that life is more likely to be found on an asteroid, or space rock, rather than a planet.

生命はむしろ惑星上より小惑星や宇宙岩の上で発見される可能性が高いとダイソンは信じています。

The project is just now taking shape. The first step is about 20 years for research and development. There are still many details to work out about how this project will work, technically.

プロジェクトは丁度、今、形になってきています。第一段階は、研究と開発のための約20年になります。技術的に、このプロジェクトがどのように機能するかついての解決すべき事項がまだ多くあります。

Next would come the launch of the mothership, and the release of the nanocraft. It would be another 20 years to get to Alpha Centauri. Then, people on Earth will have to be patient. It will take at least four more years for any of the information collected to reach Earth.

次に母船の打ち上げが来て、そして、ナノクラフトを放出します。アルファケンタウリに着くのに、さらに20年かかるでしょう。それからさらに、地球上の人々は耐えなくてはならないだろう。収集したさまざまな情報が地球に届くのに最低でももう4年がかかるのです。

Avi Loeb teaches astronomy at Harvard University. He explained the group wants to interest young people in the project.

ハーバード大学で天文学を教えているアビィローブさんがという人がいます。グループは若い人に関心をもたせたいと思っていると彼が説明しました。

He said, “our goal is to get people all over the world involved, especially young people that will be around when we get there.”

「我々の目標は、世界中の人々を巻き込むことで、特に、我々がそこに到達したときに回りにいる(生きている)だろう若い人をね。」と彼は言いました。

Future improvements in technology could change the timeline and help speed up the project. But for now, a person born this year may be in his or her 50s when those nanocraft reach their target.

未来の技術進歩が、タイムライン(時間軸)を変えるかも知れない、そして、プロジェクトをスピードアップするのを手伝うかも知れない。しかし、今の所、ナノクラフトがそれらの目標に到着した時には、今年生まれた人は、彼、彼女の50歳台になっているでしょう。


EmoticonEmoticon