2017年4月21日金曜日

【VOA】考えを脳からコンピュータへ送るフェイスブックの計画

Facebook's Plan to Send Thoughts from Brain to Computer
考えを脳からコンピュータへ送るフェイスブックの計画

https://learningenglish.voanews.com/a/facebook-announces-plans-to-transfer-thoughts-directly-from-the-brain-to-a-computer/3819093.html

April 21, 2017

 


Facebook is developing a technology that it says will be able to transfer thoughts directly from the brain to a computer.

フェイスブックは脳からコンピュータへ考えを直接転送できる技術を開発していると言います。

It announced the plans this week at a gathering of the social network’s developers in San Jose, California.

フェイスブックは今週、カリフォルニア州サンノゼのソーシャルネットワークの開発者の集会で計画を発表しました。

Speech-to-text technology has made great progress in recent years. Now scientists are looking to expand on this to develop a system for thoughts-to-text.

近年、発話を文字にする技術は大きく進歩しています。現在、科学者達は思考からテキストへ変換するシステムを開発するために、この技術を拡張しようとしています。

Facebook’s vice president of engineering Regina Dugan introduced the technology by asking the question, “So what if you could type directly from your brain?”

フェイスブックのエンジニアリング担当副社長のRegina Duganさんは疑問を問いかけるようにこの技術を紹介しました。「仮に、あなたの脳から直接文字入力することができたらどうなりますか?」。

Dugan said the aim of the project is to turn people’s thoughts into text in order to communicate on a computer or personal device.

そのプロジェクトの狙いは、コンピュータやパーソナルデバイス上でコミュニケーションをするために、人々の考えを文字に転換することですとDuganさんは語りました。

The company’s goal is for users to be able to type at least 100 words per minute based on signals sent from their brains.

同社の目標は、脳から送信された信号に基づいて、ユーザーが少なくとも1分間に100語を打ち込みできるようになることです。

Facebook says the technology could be released within “a few years.”

この技術が「数年」以内にリリースされる可能性があるとフェイスブックは言います。

Dugan said other researchers say that people who are not able to use their hands have had success using similar technology.

他の研究者らによると似た技術を使って手を使うことができない人々が成功している、とDuganさん語りました。

People involved in testing of the technology at California’s Stanford University had small electrodes put inside their brains. The electrodes were used to record signals from the part of the brain that controls muscle movements. These signals were then sent to a computer and translated into point-and-click commands.

カリフォルニア州スタンフォード大学のその技術試験の参加者達は、小さな電極を彼らの頭の中に入れました。電極は、筋肉の動きを制御する脳の部位からの信号を記録するために使用されました。これらの信号はコンピュータに送られ、そしてポイントとクリックというコマンドに変換されました。

Stanford researchers said experiments showed that people using the system were able to type up to eight words per minute.

一連の実験がこのシステムを使用している人々が1分間に8語まで入力できることを示した、とスタンフォードの研究者達は語りました。

Facebook has put dozens of people on a special team working on the technology. The company is also working with several U.S. universities to reach the goal of a thought-to-text rate of 100 words per minute. This is about five times faster than a person can type on a phone or other device.

フェイスブックは数十の人々をこの技術に取り組んでいる特別チームに入れています。同社はまた、思考からテキストへ変換する率を1分間に100語にする目標を達成するために、いくつかのアメリカの大学とともに取り組んでいます。これは人が携帯電話や他のデバイスで入力できるより約5倍高速になります。

Dugan said the Facebook system would not require implants inside the brain. Instead, users would wear something on their heads with sensors to pick up brain signals.

フェイスブックのシステムは、脳内インプラント(埋め込み)を必要としません。その代わりに脳の信号を拾うセンサーを備えたものをユーザーは頭の上に身に着けますとDuganさんは語りました。

She added that the signals would only come from the area of the brain that translates thoughts into speech.

信号は脳の思考を発話に変換する領域のみから来ます、と彼女は付け加えました。

“We are not talking about decoding your random thoughts. That might be more than (that) any of us care to know.”

「私たちはあなたのランダムな考えを解読することについて話しているのではありません。それは、私達の誰もが知りたいと思っている以上のものかもしれません。」

Facebook also announced it was working on another technology that could allow people to recognize words through their skin. Researchers say this technology would use skin instead of the ear to take in sound and send information to the brain.

フェイスブックはさらに、人々が彼らの肌を通して言葉を認識できるかもしれない別の技術に取り組んでいると発表しました。この技術は耳の代わりに皮膚を使って音を取り込み、そして情報を脳に送ると研究者らは言いいます。

“Imagine the power (that) such a capability would give to the 780 million people around the world who cannot read or write, but who can surely think and feel.”

「そのような能力が読み書きはできないが確実に考えたり感じることができる世界中の7億8千万の人々へ与えるパワーを想像してみてください。」


Facebook is not the only company studying technology to directly transfer thoughts from the brain to a computer. American businessman Elon Musk is launching a company to explore possible applications for brain interface technology.

脳からコンピュータへの思考を直接伝達する技術を研究しているのは、フェイスブックだけが唯一の会社ではありません。アメリカのビジネスマンのイーロンマスクさんは、脳インターフェース技術の実現可能なアプリケーションを探究する会社を立ち上げています。

Musk is the chief of electric carmaker Tesla and aerospace company SpaceX. He says his system would use implants to pick up brain signals that would go to computers and electronic devices.

マスクさんは電気自動車メーカーのテスラと航空宇宙会社のスペース・エックスの社長です。彼のシステムは、コンピュータや電子デバイスに行く脳の信号を拾うためにインプラントを使用すると彼は言います。

Musk has spoken about his fears that robots using artificial intelligence (AI) could get too much power over people and possibly threaten humanity. He said one way to prevent this would be to add another AI element to the human brain.

人工知能(AI)を使用しているロボットが、人々以上の多くのパワーを手にし、そして人類を脅かすかもしれない、とマスクさんは彼の怖れについて語っています。これを防ぐ1つの方法は別のAI要素を人間の脳に加えることだと彼は語りました。

This Is The Newest Post


EmoticonEmoticon